入管法 改正

今、巷で話題になっている入管法の改正です。

特定技能1号、2号の新設。

ですね。

ついこの前 介護 が新しく追加となったと思うと

また追加、しかしこれは、

日本の少子化ゆえの打開策として、

前向きな政府の政策であると私は思います。

とりあえず、この資格、14業種の枠が拡がる予定のようです。

今まで、技能実習生制度を利用して、

人材を工面してきた農業、漁業、建設業なども

案として挙がっている模様で、

今の技能実習生の方もステップアップが見込まれている

とのことです。来年4月1日施行予定、

ということは、

入管の様式もまた新しくなりそうですね。

就労系在留資格、新しい分も、従来の分も相談にのります。

 

私はこれまで、

就労系在留資格を軸に、家族滞在や永住許可、帰化、身分系まで、

ほぼ全般にわたり依頼を頂き、

様々な方の人生のステップアップのお手伝いを

させて頂いてまいりました。

最近では、能実習法の施行により、

技能実習認定申請、外部監査業務など、

仕事の内容も数年前に比べ幅広く

多岐にわたるようになってきています。

ただ、どの仕事においても、

私にしかできないこと

というコンテンツをちりばめて入魂していて、

お客様とのおつきあいは、仕事を納めて終わりではなくて、

そこから始まると思っています。

 

来週も、早々から入管へ出向きます。

1日でも早く日本へ来たいという想い、

いつまでも日本国で居られるようになりたいという想い、

など

 書類は言葉をしゃべれませんが、その想いが届くように・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA