タグ別アーカイブ: 在留資格

海外に住む外国人を雇って、日本で就労させるには。

弊所では、主に「就労ビザ」の申請取次を行っておりますが、

最近、就労系資格の審査に時間がかかっている印象をうけます。

その就労資格の申請について方法と、流れについて書きたいと思います。

しかし、一口に「就労ビザ」と言っても、技人国、技能、企業内転勤の他、様々な資格があり、

要件やルールについては、資格によって、すべて区々です。

ですので、大枠の要件について書いてまいります。

 

まず、はじめに。

外国人が日本で仕事に就き、報酬や給料など、対価を得るには、

招へいが出来る業種に該当した在留資格をもって

日本に滞在しないといけません。

つまり、招へいが出来る資格じゃないと、

ダメ

ということです。

 

雇用は出来ても、招へいは出来ないということなんですね。

 

(1.該当性)

次に、仕事だったらなんでも、誰でも呼べるなんてことはないのです。

基本的に、業種等はこれまでの事例の中で定型化されています。

 

(2.専門性)

例:

中国料理店の料理人→技能

通訳→技人国

美容師→該当なし

※特別なものは、特定活動という資格で各自に割り振られたりしますが、

これには、2国間の協定等個人レベルでどうにかできるレベルを超えているので、今回は触れません。

 

では、カテゴライズされた枠内であれば、

雇用の自由、当事者間の雇用契約によって、

誰でもOK?

というと、

入管法の中で、色々と決まっている部分があり、

齟齬だとか、信ぴょう性以前

申請要件を満たせない時点で

ほぼ100%不交付となります。

これまでの相談事例で、一番多いのは、実務経験年数や、学歴の問題です。

 

(3.申請要件)

上記に関係して、本国内の呼び寄せる企業さん、

誰でも、個人、法人、どこまで大丈夫なの?

という、疑問について

基本的に、法人、自然人(個人事業)の違いはありません。

ただ

カテゴリ2以上、3以下で招へいできる確率が

変わるように思います。

 

資金力のある企業さんは、

それだけのキャッシュフローがあることで、

社会的知名度や信頼性がおのずとあるだろう

という推測が働くからと感じます。

 

しかし、安心してください。

カテゴリ3、4の企業様でも

外国人を雇用して、招へいすることは

十分に、可能です。

 

日本には、

カテゴリ1、2に該当する組織、企業より、

カテゴリ3、4に該当する企業の方が遥かに多く、

むしろ、

ほとんどの企業がカテゴリ3に集中しているように感じます。

なぜならば、カテゴリ3の域を脱却するのは、

中小企業の枠を超えるような要件が

課せられているように感じるからです。

上記の3つの要件を満たしているならば、

相談してみてください。

先ずは、その一歩からです。

 

契約社員、派遣社員でも就労ビザを取得することができるのか?

実は、半年以上前から、

こちらのサイトで、ブログ記事を執筆しています。

その記事の一部を

こちらにも記載しておきます。

結構、ためになる情報が掲載されていると思いますので、

外国人の採用をお考えの方は、

一度覗いてみて損はないと思います。

 


 

近年、働くスタイルも多様化してきていますので、

正社員ではない、スタイルを

求める労働者もたくさん居ます。

その為、

入管も過去に比べて

門徒は拡がってきているように思います。

 

はじめに結論ですが、

正社員ではなく、契約社員、派遣社員でも

就労ビザ取得は、一応、可能です。

 

かし、

契約社員の場合は、

雇用契約の期間が有限ということで、

当然ながら、通常よりも短い期間

交付されることになります。

また、

契約社員だからといって、

余りにも安い賃金であるとか、

業務内容が雑用のみ(例えば、技人国の資格で、単なる入力仕事のみ)

というのはNGです。

何故、契約社員で、

その人材でないとダメなのかを

示す必要があります。

正直、正社員を招へいするよりも、

色々と検討して、対策を考えないといけないように感じます。

次に

派遣社員の場合は、認定申請の時点で、

派遣先の企業情報も記す必要がありますので、

派遣元、派遣先が申請要件に該当しているか、

といった、そもそも的な部分から、

カテゴリ的な部分まで

包括的に確認をしていく必要があります。

当然立証書類も増えますし、

この場合も契約社員同様、正社員を招へいするよりも、

色々と検討して、対策を考えないといけないように感じます。

最近は、

審査の中で、企業のコンプライアンスなども対象と

してきている様に感じますので、

自己の正社員と、契約社員、また、派遣社員と、

福利厚生などで、大きく差異を置いているような企業様は、

内容によっては審査結果に反映されるかもしれません。

少し具体的に、契約社員、派遣社員について

在留資格ごとに触れますと、

企業内転勤などの在留資格の場合は、

一定の勤務日数(月数)が要件にあるため、

交付、不交付以前に、申請要件に合致しているかどうかを

見極める必要があるかと思います。

経営ビザは、他の就労ビザに比べて

申請要件が少ないため、

申請は出来ても、余程の大会社などでない限り、難しいと思われます。

因みに、期間の定めがない場合でも、

経営ビザは、年々審査が厳しくなってきているので、

相応の対策をしたうえで申請することをお勧めいたします。

審査期間も長めの印象を受けます。

最後にまとめると、

雇用契約に期限がある場合でも、

派遣する場合でも、

外国人を招へいし、雇用することは可能です。

しかし、

通常のケースに比べると、手間はかかるように感じます。

本件については、業種や業務形態によって、

ケースバイケースですので、

都度打ち合わせをしながら、

方向性を固めていくことが

良策ではないかなと思います。

 

デッドヒート!!!!!  夏!!

ブログが、久しぶりに

なってしまいました。

あっちこっち、

愛知に行ったと思えば、

大阪の、、、、続いて、

伊丹から、

沖縄へ。

 

決して、アソビではなくて、

 

ここで、書類を作って、、、、

ついでに乙号申請もして、、

真向いのコンビニで出力しての、、、

 

 

国際通りから、少し外れにあります、合同庁舎。

入管と法務局へ。

沖縄県は、タイ料理(専門店)が多くて、

お昼にグリーンカレーを食べましたが、

ココナッツフレーバーと、スパイスのハーモニーが

長旅の疲れを癒してくれました。

今回は、さすがに移動が多かったので

レンタカーを借りましたが、

沖縄本島の道路を走る自動車の多くは

レンタカーではないのかと思ってしまう程、

レンタカーを運転する観光客が

多かったです。

今度はゆっくり?

観光で来たいものです。

以上、8月の出来事でした。

(アップ遅すぎ 汗)

高松入管の管轄以外にも対応しています!

少し前のことですが、

大阪入管 神戸支局へ

申請に行ってきました。

 

カテゴリ2以上は、

オンライン申請が出来るように

なりましたが、

カテゴリ3、4は従来のとおり

窓口申請のみです。

カテゴリに関係なく、

立証できる書類と、

適切な書面が揃えば

呼び寄せられる可能性は

グンと高くなります。

 

 

このところ、

四国外へ出ること(主に近畿圏)が多く、

お客様に、当事務所へ来てもらって、

打ち合わせをする

というアポが

取れにくい状況と

なっています。

 

また、高速道路移動中は、

電話の対応が

出来ないことが

多くあります。

その際には、

必ず、コールバックを

させて頂きますので、

お問い合わせは、

お気軽になさってください。

待ちぼうけしている私 ↓

この時、それほど混んではいなかったのですが、

ずいぶん待ちました。

 


 

特定技能が出来て、

他の就労系資格の

難易度が下がるかなと

少し期待をしていたのですが、

その辺は、全く影響なし

のようです。

 

手を抜かずに、

真面目に頑張ります。

 

 

人を幸せにする身近な方法

仕事で頻繁に行くところ。

出入国在留管理局も、

さることながら、

法務局には、

本当によく行きます。

週によっては、

ほぼ毎日、、、

主な用事は

事務所で乙号申請をして、

登記事項証明書等を

受け取りに行くのですが、

郵送でも金額は

それほどかわらないので、

郵送でも良いと言えば、良いのですが、

そうすると、

必要以上に折り目がついてしまってて、

コピーや、スキャンをする際に

時間がかかってしまいます。

大した事なさそうですが、

土地の謄本30通や、

20枚くらい綴られている会社の謄本を

5通(5社)スキャンする手間を考えてみてください。

折り目があると、かなり面倒です。

徳島では、

乙号請求をする方が、

余り居ないのか

基本的に待ち時間はありません。

時間にもよりますが、

土地の謄本10通ほどであれば、

10分くらいで手続き終了になります。(準備完了ということ)

法務局は、私の事務所と

入管の、丁度中心地点にあるため、

昼ごろに寄ることが多いのですが

そんな時でも

嫌な顔一つせず、

手際よく用意してくれます。

ここ最近は(2年位前から)

法務局の出入口に差し掛かったら、

渡す用意をしてくれているので、

スムーズで本当に、助かっています。

いつも、頭を下げて、お礼を言って受け取っていますが

あの方々がいないことには、

どの業務も進めることが出来ません。

本当に感謝です。

 

どんなにしんどい時でも、

頑張る気持ちになれる。

幸せをもらっている気がします。

 

人を幸せにするということは、

決して難しいことではなくて、

笑顔とあいさつ

ただ、それだけのことでも

人を幸せにすることが出来る

ということを、

再認識したように思いました。

 

 

先月は、節目となる、

大きな業務をまとめることが出来ました。

他にも、色々、、本当に色々。

昨日も、

顧問をしている組合のことで

徳島県から連絡が入り、

組合が事業として、

新しいステップを

踏み出せるようになりました。

それは、

顧問である、私自身の責任と課題も

大きくなったことでもあります。

海外から、来日する

ということは、

不安で無い人は居ないと思います。

ですから、

皆様を少しでも

幸せにできるように

安心して生活や仕事ができるように

笑顔とあいさつを絶やさず、

業務を続けていこうと思います。

 

そう、

自分が頂いている幸せの様に。

いつもありがとうございます。