オーバーステイと在留期間更新許可申請の関係

あっという間に梅雨が明け、暑い日々が続いていますが、

皆さまご体調等崩さずお元気にお過ごしでしょうか?

 

早いもので7月も終わろうとしています。

今月は公私良い刺激がたくさんあり、人として

アビリティをキャッシュできているなぁと思う日々です。

 

自家用車(結構古いですが、好きで永くのっています)に乗ることも

今月は多かったかな、

何せ長距離の時やキャンプなんかの時しか

出番がないですからね。近年。

 

それでは本題ですが、

ついつい忙しくて在留期間を過ぎてしまった、

つまりオーバーステイとなった場合

どうなるか。

 

法的には不法滞在という状態になります。

不法行為を行った(っている)訳ですから、

許可処の政府に対して良い印象を与えるはずがありません。

 

まぁほとんど場合、正当な事由があると思うんですよね。

ですが、その事由を証明したとしても

許可の判断は法務省の裁量によって

不許可となることは往々にしてあります。

 

もちろん本来の許可申請に比べて大きく手間も時間もかかります。

ですので

弊所がお取り扱いをさせて頂いた案件については

適宜お声がけをさせて頂いております。

許可されている期間によって区々ですが、

3か月前からでも申請はできますので

お気軽にご相談ください。

 

全国どこでも参りますよ~

  但し交通費は実費負担お願いします...

 

ここ最近は在留資格認定証明書が

交付されたとしても、

現地大使館での面接などが相当厳しく、

現地許可が下りないこともある

という情報も入ってきております。(特に一部アジア系)

 

せっかく在留許可が下りて

日本に居られるのですから、

その権利を大切に延長できるようサポートさせて頂きます!!

 

お気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA