外国人就労者を呼び寄せたい

外国人就労者を呼び寄せたい場合、「在留資格認定証明書交付申請」 を行い、本証明書をもって、ビザの取得、来日というのが一般的な手順です。

在留資格認定証明書の交付を受けた外国人は、これを自国の日本国総領事館や大使館等に提示すれば、簡便にビザの発給がなされます。また、日本に到着してからの上陸の審査の際にも容易に上陸の許可が得られます。

申請のタイミングは、審査期間が3週間~3ヵ月と幅がありますので、事業計画などから逆算して余裕をもってご相談、ご依頼いただける方が無難です。過去の取り扱った事例では2週間で交付されたこともございますが、通常これだけ短期間で交付されることはありません。

特急申請、オーバーステイ(=不法滞在)の場合でも弊所では最大限の対処を致しますが、それなりの書面対策等必要ですから別途費用が必要です。

過去にご自身や事業主さまでご申請をされて、不交付となった場合でも一度ご相談ください。

在留資格認定証明書交付申請は、他の申請に比べ難度が高い(入国管理局の審査も厳しい)ため、十分な打ち合わせと一貫性のあるドキュメントが必要不可欠であります。また、図面作成なども必要になるケースがありますから、クライアント様の店舗や営業所、事務所へ向かわせて頂いてお話をさせていただけたらと思います。

在留資格認定証明書の審査はドキュメント原本で行うことが原則です。しかし、諸外国の中には書面発行に結構な費用がかかるケースもあるようです。

在留資格認定証明書交付後の事として、大使館などでの面接時にもこれらのオリジナルドキュメントの提出を求められたり、BIOデータの書面提出など揃えるドキュメントのラップがある場合があります。弊所では後に必要となるドキュメントに関しては極力原本還付をしていただけるように入国管理局へ掛け合います。
(この辺りは入国管理局の裁量の範囲ですから、ご希望に添えないこともございますが努力いたします。)

許可がおりるまでの期間は、時期などにもより、3週間~3ヵ月くらいです。

許可される期間については在留資格認定証明書が交付されるまでわかりません。(入国管理局の裁量の範囲です。)

在留資格認定証明書交付申請にかかる費用

・ 弊所報酬80,000円~
(見積による)
・ 交通費/日当/諸経費2,392円~
(見積による)
合 計
82,392円~

※弊所への報酬のうち50%は、依頼時に着手金としてお納めいただきます。
 交付又は許可された際に報酬へ充当し、残額をお支払い、ご清算いただきます。
 なお、着手金は、いかなる事由であっても返金いたしませんのでご了承ください。


クライアント様の方でご用意いただく最低限のもの

  • 写真(4cm×3cm)
  • 旅券(パスポート)の写し
  • 従事する業務の内容を証明する所属機関の文書
    (雇用契約書など、まだ用意が無い場合はご相談ください。)
  • 源泉徴収票等の法定調書合計表(ある場合)
  • 職歴を証する書面
  • 勤務先を証する書面

その他、在留資格や呼び寄せを行う企業形態などによりご準備頂く資料は大きく変わってまいります。
ヒヤリングをさせて頂いたうえで、必要書類や見積もり額などをご連絡させて頂きます。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA