月別アーカイブ: 2021年5月

登録支援機関、驚きの格差! 登録支援機関の選定は十分に行うべきです。

皆さまこんにちは。

先月上旬、登録支援機関として、

定期届出を提出に、

高松入管へ出向いて行った時の事。

いつもは窓口で渡すだけですが、

今回は他の件もあったので、

担当職員の方と少しお話をさせて頂きました。
(といっても1時間くらい)

詳しい内容は省略しますが、感じたこととして、

今、存在する登録支援機関は、

玉石混交

しかも、

の比率が相当数多いようです。

というのも、施行初めの方に、

登録支援機関に登録をした企業さん等は、

法的資格者でも、
組合さんでもない企業
さんが

半分以上を占めている状況で、

法律の勝手がわかっていない処に、

営業許可(認可)を与えたようなものだから、

それは、当然と言えば当然ですが。

しかし、

登録支援機関でありながら、

定期届出の存在自体知らない

随時届出を行わない

生活オリエンテーションを行わない

という、

びっくり仰天の

登録支援機関の企業さんが

存在する

ようです。

 

つまり、

全国的に

義務を履行しない責任が、

登録支援機関だけにとどまらず、

業務を委託した事業者様にも

影響してきている事態が

頻発している

ということです。

 

更には、この2年間でさえ、

相当な法改正や書式変更があり、

今後の向こう5年間を見据えると、

更に様々な事変が起こることが想定されます。

そうした中で、随時追従、対応できる機関を選ぶことが、

重要であると思います。

手前味噌で申し訳ないですが、

弊所では、
必ずやるべきこと+アルファ

(入管さんが実地調査に来ても大丈夫なように)

のスパイスを効かせて書類を作成、提出
しています。

しかも、

支援の費用は、、

他の支援機関さんと弊所を比べても、
電化製品を、実店舗と、ネットショップで買うのと同じくらい差があります。
弊所がディスカウントしていますよ。)

私にとって、支援機関としての業務は、

自分の儲けの為ではなく、

自分にできる社会貢献と、

事業主様への貢献、特定技能外国人の普及の為

であると断言できます。

 

支援機関の乗り換えも相談にのります。

正直なところ、

現状の、弊所が対応できる人数的には

上限に近い状況ですが、

今後の支援業務の対応拡充を図るため、

弊所の補助者を支援機関の職員として、

支援業務及び取次業務が行えるように

準備を進めております。

そうすると、

単純に倍とまではいかずとも、

1.5倍には対応できる人数を拡充できる

かと思います。