202010 近況報告

ばらくぶりの更新となってしまいました。

この夏は、これまで以上に多忙の極みであり、

ここ数日にして、ようやく落ち着いてきた

次第であります。

 

大阪入管で申請を済ませ、

帰りの高速バス内でキーボードを叩いております。

書きたいネタは、たくさんありますが、

時間も限られていますので、

取り急ぎの近況報告、今後の予定を書かせて頂きます。

 

ず、ここ数ヶ月で、

登録支援機関としての

支援業務が増えたことにより、

時間効率を考えないと、

一日がその日のうちに終わらない

状況になりました。

また、特定技能 受入機関の、

入管監査が順次行われており、

その立会いのため出向くことも度々。

(今月29日にも予定されています。)

 

件では特定技能への資格変更許可に関して

審査期間営業日で許可通知を頂くという、

これまでに無い体験もさせて頂きました。

1週間以内は、弊所内新記録かもしれません。

いずれにしても、資格変更後は、

生活オリエンテーション

予定を立てないとなりません。

と、

いうような形で

予定が段々埋まっていくわけです。

 

後は、12月ごろ、弊所では初となる、

建設分野での特定技能外国人の支援を開始

する予定です。

建設キャリアアップシステム登録も、

今月から大幅値上がりした模様ですが、

安い時期に登録を完了させることが出来たので、

事業主様のご負担も低減できたかなと

思う次第です。

また、技能実習生の来日も予定されており、

法的保護講習も再開していく流れとなっております。

 

近は在留期間更新許可申請についても、

相談、取次等多くなってきています。

高松入管管内では、

(徳島県だけかもしれないですが、)

資料の追加提出が、

認定申請の資料と同じくらいのボリューム

を求められる場合があります。

しかもそれが就労系だけかというと、

そうでもなくて、身分系の方も同じくらい、

提出を求められる場合もありました。

認定と同じくらい、

つまり、ご自身でされるのは、

労力的に大変になってきている様に感じますし、

審査自体も厳格になっているように思います。

 

後に、6月からは、地元国立大学に通う

留学生、勤務する教授、その家族などの

ビザ相談、取次申請要員として、

大学業務の役務に就かせて頂いております。

 

々な方と出会い、本当に幅広く、

多様な仕事をさせて頂き、

このような御縁について、

感謝の外ありません。

自己研鑽を忘れず、

日々邁進してまいりますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA