重要なお知らせ

開業以来、依頼・相談のある業務については、ほぼ断ること無く幅広く受けてまいりましたが、
明日10月1日より、受任、取り扱う業務を下記の2点の分野に限定し専門として
特化させようと考えております。

・外国人の出入国管理に関すること(ビザ 在留資格 など)

・事実証明書類作成に関すること

以上2点です。

理由としましては、

行政書士として作成できる書類は多数、分野も広くございます。

私自身も依頼を請けた業務については全力で対応してまいりましたが、

手を広げると、どうしても時間的制約もあり、

断片的な知識で対応、その場しのぎとならざるをえないこともありました。

しかしそれではクライアント様にとっても失礼であり、

また許認可なった、その後において疎遠になると感じました。

おつきあいとはここからというところで距離が離れるのは

私自身も非常につらいです。

外国人の出入国管理においては、

書類作成・申請取次としての業務が完了したとしても、

招へいされた諸外国の方々は体一つで日本へ来日され、

生まれ故郷とまったく違う環境で生活がはじまります。

メンタル的にもつらい部分、苦しい部分、考え方の相違など必ずあると思います。

そのような方々のバックアップも含めてサポートしていきたい。

そのためにも、より進化、深化していこうと決意を決めた次第です。

 

事実証明書類作成業務に関しては、

弊所の特色を一番生かせられる業務です。

特に手書き証書においては仕上がりに自信があります。

 

現在、土地家屋調査士さんや司法書士さんとの連携体制もできておりますので

士業間での協力体制はこれまで通り、維持していく考えでございます。

業務を単なるルーチンワークとするのではなくて、

人ひとりひとりの人生を考え、共に歩んでいく姿勢でいきたい。

おつきあいは、出会いのおわりのはじまりからで、

つながりの輪を重ねていきます。

行政書士 秋桜法務事務所
藤 原 雅 和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA